LED蛍光灯と普通の蛍光灯の比較

LED蛍光灯が普通の蛍光灯より優れている点
1. 低消費電力
発光効率の高さにより従来の照明とは大きく異なる低消費電力である 発光効率とは、1Wの電力を与えた時に得られる光の量を指し、光速=ルーメン(lm)と呼ばれ、単位はlm/W(ルーメン毎ワット)と表記される。 発光効率の値が大きいほど省エネ度が高いと言え、既にLED電球は、白熱灯より高い発光効率を達成した事も報道同されている
2. 長寿命 
LED自体は約50000時間 LED照明の寿命は一般的に50000時間と言われ、本来の性能の半分の明るさに至る時期を示している、単純に従来の一般蛍光灯の約4倍、白熱灯の約40倍に相当し、人的な交換作業が軽減されるとともに資源の有効活用へと繋がっている
3. 加工性の高さによる様々な商品への利用
 ・ガラス管不使用なので、割れにくく安全で
 ・ 防水構造が容易なので、屋外
 ・水気のある場所にもご利用可 ・ 低温に強く、冷凍倉庫
 ・ショーケースなどの使用にも適している
 ・ 素材の薄さを生かして、狭い場所・床や・壁面など多彩な照明デザインが可能
4.  低発熱及び発光波長による環境への順応
LEDは、従来の電球に含まれている可視光線以外の紫外線や赤外線の成分が少なく、空調冷房など電気量削減、CO2削減へとつながります。また、紫外線による商品及び内装品の変色や昆虫飛来を抑える効果も有ります
5. 水銀を一切使用しない環境に則した照明素材
LED照明は水銀を含みませんので、有害な排出物を出さず産業廃棄物の削減となります。 電球型蛍光ランプでは5~20mg/本の水銀が含まれるため、適正な廃棄が必要とされています。また、旧型の蛍光灯では一部に鉛を使用しており、特定産業廃棄物扱いとなっておりLEDは環境に適した発光素材と言えます

LED蛍光灯が普通の蛍光灯より劣っている点
1. コスト高
世界レベルで見た場合LED自体の価格は完全に照明として一般に受け入れられる金額になっているが日本ではやはり日亜の特許への抵触を避ける意味で、日亜及びCREEをはじめとした特許を持つLEDチップメーカー数社のLEDしか販売が認められない為、日本市場でのLED照明の価格は依然として高額である
2. 光源が点発光であること
LEDの基本構造によるものであり、スポットライトやヘッドライトなどのように正面のみ強い光を放つ照明器具に関しては問題無いが、一般に我々が必要とする照明は全体を明るくムラ無く照らし出す必要が有る為、LEDの発光チップの発する点光源をフィルターを通して面発光に変えたり、拡散剤を加えて光を拡散させたりという加工を施している為エネルギー効率をロスしている
3. LED照明は安定化電源回路を必要とする為、安定化電源の性能や寿命がLED証明の性能や寿命となりえる
LED照明における最も重要かつ表面にあまり出されていない部分である、LEDは本来直流で点灯する素材であり規定の電圧と規定の電流を保つ事によりその性能が100%導き出されるものである しかしこの安定化電源部分にはLEDの寿命と呼ばれる50000時間に及ばない部品が存在する、その代表的なものが電解コンデンサである、しかもLED照明の主力となりつつあるパワーLEDは発熱量が多く、電源部の発熱とLEDの発熱が相まって安定化電源部の寿命に大きな影響を及ぼす事が予測される これは各社共に加速試験等で寿命を探っているが、実際に新製品の寿命試験を実測できない為ある程度市場に出てからの改善が図られると予測する  

LED蛍光灯のサイズ

現在LED蛍光灯と呼ばれる従来の蛍光灯の形状及び接続ソケットの対応した商品は主として下記の4種類が生産されている  
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)2367mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)1198mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)585mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)330mm
砲弾タイプのLEDを多数実装したタイプ、チップLEDを多数実装したタイプ、そしてパワーLEDを実装したタイプその全てに下記のサイズの商品が有りまたそれぞれに白色・暖光色の製品が有る また単純にLEDの置き換えで単色(赤・緑・青・オレンジ)の生産も行われている
色味(発光波長)は素材となるLEDにより異なる為、個々の資料による確認と実際の目視で確認するのが良いだろう、意外と数値のみに頼りがちだが、生産数が多数設置した場合の色味の違い等は実際のエイジング状態でロットの異なる商品と色味や照度の違いを感じるか否かも大切なポイントとなる

LED蛍光灯のメーカー

200911月 現時点で蛍光灯形状のLED照明灯の製造を行っている国内大手メーカーは無いと言って良いだろう、国内で販売されているそのほとんどが中国製もしくは日本の中小企業のOEM生産による物である、なぜならば日本の国内販売において日亜化学工業株式会社をはじめとする青色LED及び白色LEDのパテントによりコストダウンを図る事が困難である事、そして企業利益という観点から見れば現行のコストダウンが終えた照明装置がもたらす利益との比較をした場合に明確にLED化における企業利益メリットが低いという判断の上であろう、また既存の照明の高照度・長寿命化もその要因と言える、事実消費電力の大きい電球タイプの商品は各社ともLED商品を発売している事からも大手企業の考えが伺える、近い将来一般家庭に普及する主力照明をLED化する為の準備は既に整っている事だろう、安全規格の制定を含めた主力照明のLED化は日亜化学工業のパテントが切れる時期だと私は予測している、しかし水面下の調整が進めば前倒しも可能だろう
またもう一つの見方として中国で生産されたLED蛍光灯のパテントが及ばない世界各国(正確にはパテントは存在しているがパテントの認識が浅いユーザーが多い)にLED蛍光灯がこれほどまでに普及すると販売数の原理とその利益による更なる研究開発の進行によりこのジャンルにおける絶対的な商品地位を市場から勝ち取る事も考えられる

いずれにしろこのLED蛍光灯を代表とする主力照明灯のLED化は留まる事なく進むだろう、そして中国を製造拠点とするLED照明は日本の大手メーカーが築き上げるLED照明規格の隙間を縫いながら留まる事なく進入し続ける事だろう、

大切なのは企業の利益ではなく、使い手が安心して使い続ける事ができる安全性 そして省電力化 環境への配慮 であり一部の切り口から企業のメリットを追及する為に作り上げられたコピーが飛び交う現状を非常に残念に思う

LED照明は確実に庶民の生活そして環境にメリットをもたらす事が出来るすばらしい素材であり、少しでも早くその恩恵を誰もがそして地球が得られる事を私は強く願います

LED蛍光灯の演色性

LEDを発光源とする照明も物を照らし出すという目的がゆえに他のLED商品とは一線を介する条件がある、 「イルミネーションなどのように光源からの光を直接『見る』場合と、照明光として対象物を『照らす』場合では、光源に求められる性質は大きく異なる。照明用途では、対象物の色を違和感なく見せることが非常に重要な要素となる  
LED照明器具も、明るさが適切であることや明るさに極端な「むら」が無いことなどが必要だ。だが照明という目的がゆえLED照明に求められる特性はこれだけではない。日中の太陽光下と同様に、対象物そのものの色を再現させる「演色性」が高いことが必要である。光を直視したときには同じ色に 見える光でも、演色性が違えば、対象物を照らしたときの色の見え方は大きく異なる。照明器具では当然のことながら、りんごであれば赤色、人物であれば肌の 色といったように、対象物そのものの色を正確に表現することが求められる。  
とりわけ、化粧品や衣服、生鮮食料品を扱う各種商業施設向けや、美術館や博物館などの展示施設向けでは、演色性が高くすべての色味がはっきりと見 えることが重要である。商品の見え方が売れ行きにつながるからだ。一方、展示品では色そのものに意味があることが多いため、色合いを正確に表現することが 求められる。
私が活動する中国のスーバーにはこの演色性を演出する為のあからさまな照明が使用されている、生鮮食品(肉)の売り場は必ずと言っていいほど赤色の照明が設置されている、日本ではさすがにこれは無いと思うが、赤色の成分の多く含む暖色系の照明はごく普通に実装されている、あくまでも新鮮さが命の生鮮食料品売り場にもし青白い光を放つ照明が使われた場合の商品の売れ行きはかなり鈍るだろう これは極端な例だがいわゆる演色性とはこのようなものであり、極端でなくとも人間の感じ取る感覚はとても敏感で、演色性の劣る照明下では理屈抜きで違和感や疲労感を覚えるのである、特に発光源が青であり点発光である白色LEDの照明はこの演色性をきちんと考慮したものでなければならない

LED蛍光灯の価格

LED蛍光灯に関しては日本側の大手メーカーからの発売品が無いので必然的に日本側で販売されている中国からの輸入品、またアジア地区での製造委託品(OEM製品)の価格設定について説明します、ごく一部には純粋に日本で生産している企業も有りますがそのほとんどが半完成品という形で海外から輸入した商品をアッセンブリもしくは検査を行って日本製としているのも事実です、企業名を出すのは差し控えますが日本の大手メーカーのLED電球も中国でOEM生産されています
そこでまず先に説明しておかなければならないのは、LED蛍光灯に使用されているLEDの特許にまつわる内容です、既にご存知のように日本において白色LEDの特許を有し販売を認められているLEDメーカーは数社です、更にその中でもLEDのスペックにより価格が大きく異なります、LED蛍光灯に関しては最も一般的な40W(蛍光灯の場合)と呼ばれている(1198mm×30mm)という製品の場合には192個のLEDが実装されている物が主流です(価格と輝度のバランスにからドライブ可能な基本直列数の倍数で数が異なるメーカーも有ります)つまりLEDの単価が製品の価格に非常に大きな影響を及ぼす商品というわけです、そこで日本で販売される商品に関しては、白色LEDのパテントに抵触しないLEDを使用した製品のコストがその販売額に反映されるという事になりますからおおよその販売価格は
20Wクラス(580mm×30mm):10000~15000円
40Wクラス(1198mm×30mm):16000~20000円
110Wクラス(2367mm×36mm):31000~40000円
というところが現時点の相場と言えます
もちろん製造業者そして販売会社、企業が正当な利益を得て市場に良い商品を提供する事は社会的にも経済的にも必須の条件です
しかしひとたびその製造拠点となっている中国企業に目を向けると、これらの日本で流通しているパテントに抵触しない商品のコストと全く同一の仕様でLEDチップのみが台湾製のLEDを使用している商品がこれらの1/3のコストで欧米諸国に大量に販売されているという事実が有ります。これらの商品に使われている台湾製のLEDは性能的にも日本でのパテントを所有するメーカーのLEDとの品質性能差は大きく有りません、この事実はアンダーグランドというレベルの内容では無く、知的所有権という発明に起因する報酬がもたらした歪と言えるでしょう。
私は決して知的所有権を尊重しないわけではありません、逆にLEDによる照明の進化は全世界で尊重されるべきすばらしい発明だと思っています、このような歪が無く誰もが公平にこの世界的な発明の恩恵を受けられたらどんなにすばらしいか、ただただそう思うばかりです

LED蛍光灯の自作

昨今の自作派の勢いはついに家庭の照明にまで至ったのかと驚かされるのですが、実は中国の中小企業の現場を日々見ている私にとって、電気工作に自信が有る人々が自分で使用する為の照明を手作りするのも悪くないと思ってしまいます
もしも中国で流通しているようなLED照明器具用のパーツを入手する事が出来たならきっと蛍光灯を作りたいと思うマニアは大勢いるでしょうね
中国市場で入手可能なLED蛍光灯用パーツ
1. 蛍光灯用アルミケース (円筒形状の半分をアルミの引き抜き材で形成した物)
2. 発光部を覆うプラスチックフィルター(円筒系の半分を形成する半透明の樹脂)
3. LED基板
4. 安定化電源
5. 接続ソケット
6. LED
7. 低電流IC
8. 抵抗
これらは実際に中国で量産されている蛍光灯のパーツであり、ほぼキットパーツ化して流通している為、ある意味自分で部品を仕入れて作ろうと思えば作り上げる事ができます。腕に自信が有る方は探してみたらおもしろいかも知れません 但し安全確認は怠りないよう、くれぐれも注意して個人の趣味の範囲で行って下さいね

LED蛍光灯の種類

LED蛍光灯の種類は基本的に使用しているLEDの違いによるものだと思います
1. 砲弾タイプのLEDを使用しているもの
2. SMD チップタイプのLEDを使用しているもの
3. パワーLEDを使用しているもの
また外観的には
1. アルミの半月型引き抜き材+発光部が透明カバーで覆われたもの 
(従来の蛍光管形状)
2. アルミの半月型引き抜き材+発光部が乳白色のカバーで覆われたもの
(従来の蛍光管形状)
3. 全てが樹脂生計で製作された物  
(従来の蛍光管形状)
4. オリジナルデザインによる照明器具付き
※ いずれにしろLEDの寿命に大きく影響する放熱効果が十分に確保され、放熱が少ない商品を選択される事をお勧めします LED蛍光灯(従来の蛍光管形状)の商品を既存の器具に置き換える場合の蛍光灯の種類

LED蛍光灯の寿命 交換時期

LED蛍光灯の発光素材であるLEDの寿命は一般に出荷時の半減値(輝度が50%になる) に至るまでの時間が50000時間と言われています
但し注意しなければならないのはLED自体が温度と湿度により劣化速度が全く異なるという部分です、基本的に発光輝度の高いLEDを使用した製品は電流をやや控えめに設定しても十分な明るさが確保出来る為、電流を控えめにしてLED自体の発熱を抑えています、また内部にこもった熱を外部に逃がす為の放熱設計も寿命に関わる重要な要素と言えます、またLED蛍光管自体に電源部が内蔵されている商品はその電源自体からも発熱が有る為、より一層の発熱対策と放熱設計の完成度が問われます も一つあまり言われていないLED蛍光灯の寿命に関する要素はLED以外の電子部品そして電源部の寿命です、LED自体の寿命が50000時間であったとしてもLED以外の部品の寿命がそれ以前に尽きてしまえばLEDの性能を維持する事は出来ません 特にポイントとなるのが電解コンデンサです、単純に外観や資料では明確に判りえないこの電解コンデンサの性能はLED照明の隠れた寿命を握る心臓と言えるでしょう
またLED蛍光灯と一般の蛍光灯の寿命を比較した場合、
LED蛍光灯の寿命 40000~50000時間
普通の蛍光灯の寿命  8000~10000時間
とLED蛍光灯の寿命は従来の蛍光灯の約4~5倍と多くのLED蛍光灯販売業者は報道していますが蛍光灯にも多くの種類が有り、近年は寿命が長い物も開発されている為、単純に4~5倍の寿命とも言い切ることは出来ません、また先に説明したLED蛍光灯の寿命に関わる条件からもリアルタイムでみれば歴史の浅いLED照明の本当の真価がわかるのは何年か先の事かも知れません

LED蛍光灯の消費電力

LED蛍光灯の消費電力は単純に実装しているLEDの数量とそのLEDに流している電流から容易に割り出す事が出来ます、しかしLEDの特性上、交流の100Vを定電圧定電流回路で直流に変換して供給している為、この電源回路の変換効率もLED蛍光灯の消費電力を決める重要な要素となります。 省電力性能が着目される商品ですので、出来るならば一次側の消費電力実測を行ってみると良いと思います、また逆に一般の蛍光灯もワット名で規格されているのでそのワット数が一次側の消費電力と思われている方も多いと思いますが、やはりある程度の違いは有ります、あくまでも省電力に拘るのであれば、現在使用している蛍光灯の一次電源側の電流とLEDを実装した場合の1次電源側の電流を比較してみることをお勧めします、今はクランプメーター(AC100Vの片側の線を測定器のクランプで挟み込む(囲う)タイプの電流計)もホームセンターで購入が出来ますから試してみるのも良いでしょう
おおよそ蛍光灯の半分の程度の電力だと思いますが、蛍光灯の仲間にも商品電力が抑えられた商品も有りますので、あくまでも現在使用している蛍光灯との比較が一番でしょう

LED蛍光灯の色

LED蛍光灯のみならず、一般に照明に関しては 
寒色系(高色温度)~ 暖色系(低色温度)への色味を
以下の5種類のいずれかに分類されることが多い
・ 昼光色(JIS5700k~7100K)
・ 昼白色(JIS4600K~5400K)
・ 白色 (JIS3900K~4500K)
・ 温白色(JIS3200K~3700K)
・ 電球色(JIS2600K~3150K)
このような呼び名は一般的なものであり、大手電気メーカーはそれぞれの色温度に対して独自の表現をしている物が多い 
・ クールホワイト
・ フレッシュホワイト
・ ウォームホワイト
等様々な色味をイメージする表現でその発光色を表しています
またこの色味の尺度として用いられている色温度とは、黒体放射の色と対応させて、発光物体の温度を表示する方法であり、またその数値を表している、真っ暗な室内で電熱器のスイッチを入れると、温度があがるにつれてニクロム線の色が変わっていく、このように物体はその温度に応じた放射(熱放射)を出すが、どの波長の放射をどれだけ出すかは温度で違い、可視光部分のその差が色の違いとして感じられる。同じ温度でも表面の性質で放射の仕方は異なるので、標準物体として黒体を考え、一般の物体が出す光(反射光を除く)の色が温度Tの黒体放射の色と同じに見えるとき、物体の色温度はTであるという。色温度と物体の本当の温度とはかならずしも等しくはない。またピンクなど、色温度によっては表せない色もあるので、利用は光源などに限られる。蛍光灯を買うと、箱に色温度について書いてあることが多い。なお、色温度は俗にいう暖かい色(赤、黄、橙(だいだい))、冷たい色(紫、青)とは関係がない。
いずれにしろこの表現方法の根本的な由来を正確に認識しなくても、色の数値で見分ける基準が有り、求める色味を探す場合や色合いを統一する場合にその商品の発光色を数値で知る事が出来るという認識を持っていれば十分ではないかと思います

LED蛍光灯の長さ

現在LED蛍光灯と呼ばれる従来の蛍光灯の形状及び接続ソケットの対応した商品は主として下記の4種類が生産されている  
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)2367mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)1198mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)585mm
管径30mm×全長(接続ピンを除く長さ)330mm
砲弾タイプのLEDを多数実装したタイプ、チップLEDを多数実装したタイプ、そしてパワーLEDを実装したタイプその全てに下記のサイズの商品が有りまたそれぞれに白色・暖光色の製品が有る また単純にLEDの置き換えで単色(赤・緑・青・オレンジ)の生産も行われている
色味(発光波長)は素材となるLEDにより異なる為、個々の資料による確認と実際の目視で確認するのが良いだろう、意外と数値のみに頼りがちだが、生産数が多数設置した場合の色味の違い等は実際のエイジング状態でロットの異なる商品と色味や照度の違いを感じるか否かも大切なポイントとなる

LED蛍光灯の比較

LED蛍光灯のには幾つかの種類が存在しその主たる違いはおおまかに分けて下記の内容 で区分けする事が出来ます
1. 砲弾タイプのLEDを使用しているもの
2. SMD チップタイプのLEDを使用しているもの
3. パワーLEDを使用しているもの
また外観的には
1. アルミの半月型引き抜き材+発光部が透明カバーで覆われたもの  (従来の蛍光管形状)
2. アルミの半月型引き抜き材+発光部が乳白色のカバーで覆われたもの (従来の蛍光管形状)
3. 全てが樹脂生計で製作された物  (従来の蛍光管形状)
4. オリジナルデザインによる照明器具付き完成品
LEDの性能を比較する場合の目安
※ LED蛍光灯性能を大きく決定づけているのは、まず実装されているLED自体の基本発光能力、そして点発光体であるLEDの実装方法及びカバーフィルターを介して我々の目が照らし出された物体を疲労感や違和感無く物体の色合いを認識させる能力です
※ LED蛍光灯だけに限らずLED照明を選ぶ場合はその発光色にも大きく注意を払って下さい、そもそも白色LEDはその構造から青色発光LEDに黄色のフィルターを加える事により白色を生成している為、黄色のフィルターが濃ければ濃いほど色味は暖光色に近づき逆に照度は低下します、つまり比較的青色に近い発光ほど容易に照度を上げる事が出来る為、LED自体の発光能力の低い素材を使用したLED蛍光灯は青白い光を発する物が多い傾向にあり、特に中国やアジアで生産されている低価格商品にはこの傾向が顕著に現れています、もちろん中国やアジア地区で生産されている商品のほとんどは発光色と照度が明確に表記され購入時の選択が可能です、大切なのはその色合いにより演色性能が大きく異なるという部分を知った上で商品を選択して購入する事です
※ LEDの寿命に大きく影響する放熱効果が十分に確保され、放熱が少ない商品がLED照明の特徴でもある長寿命に大きく関わります、出来るならば10分以上点灯したLED蛍光灯の金属を使用している放熱部(一般に上部のアルミケース本体)を触ってみて触れないほどの熱さを感じる商品は避けるべきでしょう、また逆に全てが樹脂で製作されている商品は外部への放熱性が悪い為、外部は触っても暑く感じないが内部に熱がこもっている可能性も有る為、超低価格でオール樹脂性の製品は放熱設計に対する注意が必要です 蛍光灯の構造比較とLED蛍光灯換装時の加工方法 LED蛍光灯(従来の蛍光灯器具への取り付けタイプ)は既存の蛍光灯器具の種類を知った上で配線加工を行う必要が有ります、本来ならば電気工事資格を持つ技術者に依頼すべき危険性を含んだ内容だと認識して下さい

LED蛍光灯換装の為の蛍光器具の見分け方

LED蛍光灯(従来の蛍光灯器具への取り付けタイプ)は既存の蛍光灯器具の種類を知った上で配線加工を行う必要が有ります、本来ならば電気工事資格を持つ技術者に依頼すべき危険性を含んだ内容だと認識して下さい

蛍光灯の調光

現在市場に流通している直管形状のLED蛍光灯(従来の蛍光管と同一形状の直管形状)はどちらかと言うと家庭用の照明ではなく、業務目的の大きな空間を照らし出す為の照明であるがゆえに調光機能を持っている商品は非常に少ない
もう一つこの種の蛍光灯に調光機能が無い要因はその主な生産拠点が中国の為である、一般に中国には日本の家庭の主力照明であるサークラインと呼ばれる円形の蛍光灯が存在しない為、サークライン形状のLED照明器具にごく普通に備わっている調光という発想が無いのである、ある意味このサークラインのLED化は大きなマーケットになり得るポイントだと私は思う
また逆にLED蛍光灯以外のLED照明はそのほとんどにリモコン調光機能を持ったラインナップが存在する、これはLEDの点灯信号の点滅比率を変化させて実質の点灯時間を短くして照度を下げるという仕組みのものだ、さらにはRGBのLEDを実装し7色(マルチカラー)更に輝度調整用信号ラインを別に持つフルカラー対応の物も存在する
面白い商品としては、このRGB制御の延長上の考えで、同じ白色であっても2種類の異なる色調を発するLEDを交互に配置し、純白色と暖光色LEDの照度バランスを変化させ、幅広い範囲の白色をリモコンで制御出来るというものである
はたして市場のニーズが有るか否かは不明だが、高級装飾品のショーケース等で最大限の演色性を求めた場合には有効なアイテムに成り得るかもしれない

HF蛍光灯

高周波点灯専用管(Hf管) このランプは特に注意が必要である。銅鉄安定器式ラピッド器具に装着しても特段危険ではないが、間違えて施設照明用電子式安定器(FLR指定)器具に装着すると異常に明るく点灯し、過熱の危険がある(最悪、安全機能が働き器具が使用不可となる)。
グロースタート器具に装着しても特段危険ではないが、温度や電圧変動により再始動を繰り返すので適さない。逆にHf器具はランプフリー化が進みランプ指定がなくなりつつあるが、Hf管のみ指定の器具もあるので注意が必要である。

現在国内で流通しているLED蛍光灯タイプ照明

蛍光灯のソケット形状をそのまま利用している商品が多く、前の項目でも説明したように基本配線方法の理解と接続時の注意事項を十分理解した上で交換作業を行っていただきたい、最悪火災や事故にも繋がる一面を持っているのでこの部分の安全性には注意を払って下さい、現行品の相当数が中国生産品をそのまま販売している為、安全性への指導と品質管理面での責任分堺点も購入時の検討材料とする事が望ましい

激安!家電のタンタンショップ
¥25,743

激安!家電のタンタンショップ
¥12,432

激安!家電のタンタンショップ
¥21,672

買う市ショッピングモール
¥2,500

買う市ショッピングモール
¥36,173

買う市ショッピングモール
¥2,500

買う市ショッピングモール
¥18,165

買う市ショッピングモール
¥36,173

買う市ショッピングモール
¥27,846

ショッピングフィード
¥12,390

ショッピングフィード
¥7,200

ショッピングフィード
¥15,540

ショッピングフィード
¥7,400

ショッピングフィード
¥6,900


What's New

2009/07/01
LED情報専門サイト 企画情報調査開始
2009/01/30
LED情報専門サイト LED-Ⅱベース資料完成
2010/02/01
LED情報専門サイト LED-Ⅱ新設
2009/02/12
姉妹サイトと同一デザインでリニューアル

MENU

SUB MENU

                     
CJ-NEXSYSは環境保全、CO2削減に有効な省エネルギー素材である「LED製品」の普及」を推進しています



エコロジーリンク

ソーラーパネルSH24V (24V-24W)

ソーラーパネルSH24V (24V-24W)
価格:69,615円(税込、送料込)



国内LED:LEDカー用品

国内LEDユニーク商品


国内LED:ガーデンライト


国内LED製品:ランタン

姉妹サイト

中国LEDメーカー

国内LED製品:LED電球


国内LED製品:LED蛍光灯


国内LED製品:イルミネーション


国内LED製品:LED数字表示


国内LED製品:ハンディーライト


国内LED製品:LED自転車ライト


国内LED製品:LED関連書籍